白山比咩神社(倭)「秋季例大祭・八幡須賀社祭」が執り行われました

白山比咩神社(倭)-秋季例大祭-雅楽演奏

秋晴れの10月7日(日)午前9:00より、白山比咩神社(倭)で『秋季例大祭・八幡須賀社祭』が執り行われました。
神社関係者や地区の総代などが参加し、雅楽演奏の中おごそかに「秋季例大祭」の神事が拝殿で執り行われたのに続き「八幡須賀社」にて儀式が行われました。

鳥居とのぼり

鳥居とのぼり

手水舎

手水舎

拝殿

拝殿

雅楽演奏

雅楽演奏

拝殿での神事

拝殿での神事

八幡須賀社での神事

八幡須賀社での神事

雅楽は、「笙(しょう)」、「竜笛(りゅうてき)」、「篳篥(ひちりき)」の三管と言われる楽器で演奏されました。

笙(しょう)

笙(しょう)

竜笛(りゅうてき)

竜笛(りゅうてき)

篳篥(ひちりき)

篳篥(ひちりき)

「笙(しょう)」を暖める

「笙(しょう)」を暖める

ちなみに、「笙」は構造上、呼気によって内部が結露しやすく、そのまま演奏し続けると金属でできている簧(した:リードのこと)に水滴が付いて音高が狂い、やがて音そのものが出なくなるそうです。そのため、火鉢やコンロなどで演奏前や間に楽器を暖めるながら演奏するそうです。

秋季例大祭-豊栄の舞

  続いて、倭小学校生徒による「豊栄の舞(とよさかのまい)」と雅楽「越天楽(えてんらく)」が奉納されました。最後に、神振行事(投げ餅、投げ菓子)がありました。

豊栄の舞

豊栄の舞

雅楽「越天楽」の演奏

雅楽「越天楽」の演奏

投げ餅、投げ菓子

投げ餅、投げ菓子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*