東光山薬師寺 「大般若経 転読さん」のお知らせ

大般若経
  転読さん

8月16日(木)
 

東光山薬師寺の画像

  水田の広がった山田野集落の北、山田野城山の麓に東光山薬師寺があります。ご本尊は、お寺の名前のように『薬師如来』です。
  縁起によれば行儀菩薩が聖武天皇の命により開創した官寺と伝えています。当寺には『大般若経』600巻が保持され、正月とお盆に「転読さん」と言って僧侶を始め山田野区の役員の方々による転読が行われます。
  現世利益のお薬師さんとともに、『大般若経』転読さんへのお参りをお待ちしています。

  • 『大般若経(だいはんにゃきょう)』転読とは
    「大般若経」は今から1300年余の昔、中国 唐時代初期の僧 玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)がインドに学び、「大般若経」などの仏典を漢訳しています。
    600巻と言う経典で、読誦(どくじゅ)に時間がかかることから「転読」と言って経典を高く捧げ、左上から右下へパラパラと操られ、『転読会』と共に読誦に変えられています。
薬師寺-転読さん1の画像薬師寺-転読さん2の画像薬師寺-転読さん3の画像

地  図

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*