平成26年度 第2回地域再発見講座 川口地区

第2回地域再発見講座は、白山比咩神社(川口)境内にある真言院の奥の院といわれる「水尾弘法大師堂」と巨石の「立石」に小雨の中ウオーキングを楽しみながら探訪しました。
また、地元の大広区の副区長前田八さん、猟師の前出己良さんに当日の案内と事前に探訪コースの草刈りや、倒木の処理をしていただくなど、大変お世話になりました。

講座概要

探訪場所

三重県津市白山町川口 (地図末尾

開催日時
平成26年6月18日(水)9:30 ~ 12:00
主   催
白山公民館
講   師
白山道しるべの会

探訪場所の概要

水尾弘法大師堂
大広集会所に集合

大広集会所に集合

井藤館長から挨拶

またもや、第1回八ツ山地区に続き雨ですが、雨ニモマケズ・・・


弘法大師堂への参道

弘法大師堂への参道

水尾弘法大師堂への参道

集合場所の大広集会所より、伊勢中川カントリークラブのコースに隣接した、緩やかな登りの参道を歩き20分程で水尾弘法大師堂に着きました。雨に打たれアジサイの花が一段ときれいに咲いていました。


水尾弘法大師堂

水尾弘法大師堂

水尾弘法大師堂

水尾弘法大師堂は、奥山田にあり白山比咩神社(川口)境内にある真言院の奥の院と言われています。54段の石段を登ると石の塔に天明7年(1787)と刻まれています。
  また、階段を上り下りするとちょうど108段となり、除夜の鐘にちなむ数になることから、古来、煩悩の除去を、石段を一段一段踏みしめながら願い歩いたものだと言われ、古くから近郷近住の信者が多く参詣されていました。

さらに、真言院が北畠の祈願所であったことから裏手には、多気の北畠さんに通じる小道がありました。今は獣道になっていますが、八頭峠には南門があり北畠さんの御姫様が来られると、狼煙を上げ知らせ、お迎えの準備がされていたようです。


閼伽井水

閼伽井水

弘法大師五鈷杵を以て堀り給う閼伽井水

「山雄田興廃記」には、白山より十二町南に水尾という峰あり、これは大昔弘法大師五鈷杵を以て堀り給う閼伽井水あり、百日旱魃と雖ども水増減これなく不思議の名水なり、故に諸人敬いを成す如宝経書写しの硯水にもこれを用う云々と書かれております。


弘法大師(空海)
平安時代の僧、真言宗の開祖
五鈷杵(ごこしょ)
密教の儀式 護摩・祈祷などで使われる特別な仏具で、中央の刃の周囲に四本の刃を付けたもの
閼伽(あか)
仏教において仏前などに供養される水
如宝経(にょほうきょう)
一定の法式に従って経文を筆写すること

護摩供養

護摩供養

2014年4月20日行われた護摩供養

毎年4月21日に近い日曜日に護摩供養が行われています。


お菓子や餅がまかれ

お菓子や餅がまかれ

大勢の方のお参りがあり、お菓子や餅が沢山まかれ、この日は大賑わいです。

通称 立石(天狗松)
立石(天狗松)

立石(天狗松)

立石前景

弘法大師より尾根道を約10分歩くと、
これが立石です!
上まで上る自信のある方は、思い出に挑戦して、登ってみてください。

「高さは、何メートルか?」皆さんにクイズを出しました。


立石を登る

立石を登る

ロッククライマー現れる・・・


記念撮影

記念撮影

全員で記念撮影

クイズの正解は、8m20cmでした。

真言院の「山雄田興廃記」想像絵図

帰りに白山比咩神社(川口)の真言院に立ち寄っていただき、新たに設置した「山雄田興廃記」の想像絵図を見ていただきました。


「山雄田興廃記」想像絵図

「山雄田興廃記」想像絵図

「山雄田興廃記」想像絵図

山雄田興廃記に記されている水尾弘法大師堂や八頭峠の南門の位置や、織田軍勢の兵火にかかり焼失した当時の社殿等の様子が描かれています。

探訪コース

大広集会所(集合場所) →→ 水尾大師堂 →→ 立石(天狗松) →→ 大広集会所(解散場所)

地図

【お知らせ】
マーカーの表示位置は、最拡大時にあわせて設定しています。その他の場合、位置がずれることがあります。