平成24年度 第3回わが町発見講座 川口地区

  第3回わが町発見講座は、津市白山町川口の河口頓宮(とんぐう、関宮)とその周辺を探訪しました。河口頓宮は、聖武天皇が天平12年(740)伊勢国、美濃の国、近江の国に行幸され、河口に10日間滞在されたと「続日本記」に記述があります。
  「聖武天皇関宮宮跡」の碑と天皇に随行し、この地で詠まれた「大伴家持の万葉歌碑」が建っている医王寺境内や周辺の戦国時代に川口城があった御城地域の石造物などを訪ねました。

講座概要

探訪場所
三重県津市白山町川口(地図末尾
  • 的場の石仏
  • 新初瀬街道  御城の五輪塔
  • 医王寺常夜灯、聖武天皇河口頓宮跡、医王寺
  • (八王子山)御城行者堂ほか
  • 市場の石祠
  • 弥五郎坂
  • 観音寺常夜灯
  • 的場の道標
  • 馬場の子安地蔵
開催日時
平成24年9月19日(水)9:30 ~ 12:00
主   催
白山公民館
講   師
白山道しるべの会

探訪スナップ

白山公民館で出発前の説明
白山公民館での出発前説明

  

聖武天皇河口頓宮跡の大伴家持の万葉歌碑
大伴家持の万葉歌碑


河口の野辺に いほりて夜の更れば 妹が袂し 思ほゆるかも

(河口の野辺に仮寝して幾夜も経ったので、妻の手枕が恋しく思われることだ。)

医王寺本堂での案内
医王寺本堂での講義

  

伊勢神宮両宮への常夜灯
伊勢神宮両宮への常夜灯

  

探訪終了時の講座問題集の答え合わせ
探訪終了時にテキスト問題の答え合わせ

  講座テキストの末尾に、今回探訪した箇所に関する問題が掲載されており、その答え合わせを行って解散となりました。

探訪コース

白山公民館(集合解散場所) →→ 的場の石仏 →→ 御城の五輪塔 →→ 聖武天皇河口頓宮跡と医王寺 →→ 八王子の御城行者堂ほか →→ 市場の石祠 →→ 弥五郎坂 →→ 観音寺常夜灯 →→ 的場の道標 →→ 馬場の子安地蔵 →→ 白山公民館(集合解散場所)

地図

【お知らせ】
マーカーの表示位置は、最拡大時にあわせて設定しています。その他の場合、位置がずれることがあります。