津市白山郷土資料館

津市白山郷土資料館の画像

概    要

白山町は、伊勢で最も早くから開けたといわれる雲出川の流域に位置し、古くから大和と伊勢を結ぶ交通の要衝として歴史を歩んできた地域です。この道を通して人や物の往来と、文化の交流が行われ、町内には古墳、経塚、住居跡、頓宮跡や伝説など郷土の「あけぼの」を物語る物がたくさんあります。
また、その風土と暮らしが育んだ幾多の文化財・伝統芸能が現在に受け継がれています。
現在では、失われつつある民具・農具など貴重な民俗資料に先人たちの暮らしと努力のあとが見られます。こうした物を収集し、収蔵・展示することによって“かけがえのない文化遺産”に触れ、次代へ残していくために展示されています。

資料館内部1の画像 資料館内部2の画像 資料館内部3 資料館内部4 資料館内部5の画像 資料館内部6の画像 資料館内部7の画像 資料館内部8の画像 資料館内部9の画像

ご 利 用 案 内

開館時間
・午前 9:00 ~ 午後 5:00
  (ただし、入館は午後4:00まで)
休 館 日
・毎週月曜日(休日に当たるときはその翌日)
・12月28日から翌年1月4日まで
所在地
・三重県津市白山町中ノ村158番地(末尾地図参照)
・電話番号: 059-262-6647
交通機関(電車)
・近鉄「榊原温泉口駅」より徒歩12分
交通機関(車)
・津市より国道165号線を「青山高原・奈良」方面に向かい、約25分信号「倭2」を左折すぐ
付属施設
・駐車場
その他
・津市市役所 白山総合庁舎 倭出張所
・電話番号: 059-262-0106
Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索