瀬戸ヶ淵(せとがふち)

瀬戸ヶ淵の画像

概    要

  白山町内を流れる雲出川(くもずがわ)の家城地区と川口地区の境にある「瀬戸ヶ淵(せとがふち)」は、白山七社の起源白山町という町名の由来となった伝説の地といわれています。
  この地の伝説には、「白山伝説」と「藤原千方伝説」があります。

<< 白山(はくさん)伝説 >>

  瀬戸ヶ淵周辺にはいくつかの伝説があります。
  白山町家城(地名)出身で円乗坊珍徳上人(えんじょうぼう ちんとくしょうにん)という人がいました。
天文22年(1553)正月24日の夜、珍徳上人の夢に加賀の白山権現(はくさんごんげん)が現れ、「明年2月加賀の白山は焼失してしまうから、それまでに天照大神のいます地に移りたい」という夢のお告げを、北斗七星か南方の空に点々と輝くのを見ました。
  雪の少なくなった3月、夢のお告げにこたえ加賀へ行き、白山に詣でて七日七夜の祈願をこめると七日目の夜神のお告げがあり、翌朝見ると笈(おい)の中に幣(ぬさ)が七本立っていました。

珍徳上人像と笈掛岩1の画像

珍徳上人像と笈掛岩1

珍徳上人像と笈掛岩2の画像

珍徳上人像と笈掛岩2

  これを背負って帰国の途につき、家城の瀬戸ヶ淵まで帰ってきて岩の上に笈を下ろして一休みしていたところ、にわかに笈が前後にゆれ動いて中から七羽の白鷺が飛び立ちました。
  白鷺は神の使者であり、それが七羽というのは、まさに南方に輝く北斗七星と同じ意味と思い白鷺がおりたった所、山田野(やまだの)・八対野(はったいの)・南出(倭-みなみで)・川口・北家城(きたいえき)・竹原(たけはら  現三杉町)・飯福田(いぶた  松阪市)へ白山神社(しらやまじんじゃ)を創設したと伝えられています。
  白山の町名はこの伝説から名づけられたのもです。

  (- - - 以上、瀬戸ヶ淵「鎮徳上人像脇」石碑より - - -)

  • 笈(おい) : 修験者などが仏具・衣服・食器などを入れて背に負い歩く足のついた箱

<< 藤原千方(ふじわらのちかた)伝説 >>

藤原千方伝説の碑の画像

藤原千方伝説の碑

  「太平記」の「日本朝敵の事」という一説に、藤原千方(ふじわたのちかた)が金鬼(きんき)・風鬼(ふうき)・水鬼(すいき)・隠形鬼(おんぎょうき)の四鬼を従えて時の帝(みかど)、天智天皇に反逆し、伊勢・伊賀に大きな勢力をしめていたとあります。
  四鬼はそれぞれが特徴を持っていて、金鬼は剣や矢をとおさない体をもち、風鬼は暴風をおこし敵を吹きとばすことができ、水鬼は洪水をおこし敵を溺れさせ、隠形鬼は姿を隠して敵を襲うことができました。
千方は、四鬼を自由に使えたので、誰も彼に敵対することはできませんでした。この力におごった千方は、高い位を朝廷に願い出ましたが聞き入れてもらえず、怒った千方は人々に乱暴をするようになりました。
  官軍も鎮圧ができず困っていた所、紀朝雄(きのともお)という将軍が討伐をかってでました。朝雄はまず四鬼を改心させ、千方を孤立させて瀬戸ヶ淵に誘い出し、中央の岩の上で討ち取ったとされています。その岩が将軍岩で、血のついた太刀を洗ったところが太刀洗の滝といわれています。千方の首は、川下に向かって流れましたが「千方ともあろう者が、同じように川下に流れるものか」というと、突然上流へのぼったといわれています。このような伝説もこの場所に残っています。

  (- - - 以上、瀬戸ヶ淵公園碑より - - -)

地    図