慧命山  成願寺

慧命山成願寺-本堂

概    要

<< 寺院の歴史 >>

慧命山成願寺(えみょうざん じょうがんじ)は、室町後期の天台宗の僧、真盛上人 51歳の秋、三重県津市一志町大仰(おおのき)の「成福寺」にあるご両親の墓参りの後、伊勢の国司 北畠材親の武将で小倭(おやまと)の城主であった新長門守のお城に立ち寄り説法されました。その説法を聞かれた新長門守はすごく感激され、弟子になられ「新九法師」の法名をいただかれ、戦死した息子「経成」菩提のため一寺を建立されることなり、明応3年(1494) 5間×6間の本堂が建てられ、経成のための願い寺という意味で「成願寺(じょうがんじ)」と名づけられました。

その後、天正12年(1584)豊臣秀吉と織田信長のいざこざのとばっちりで当寺も全焼し、応急復興はなされましたが、本格的な復興は130年後の正徳5年(1715) 17世旭運上人の時で、壮大な本堂が完成しました。現在の本堂は、約200年あまり後の大正12年(1923) 第32世能教上人が復興されたものであり、すでに90年が経っています。

境内の画像

境内

内陣の画像

内陣

ご本尊の画像

ご本尊

十六羅漢-左欄間の画像

十六羅漢-左欄間

十六羅漢-右欄間の画像

十六羅漢-右欄間

成願寺寺号額の画像

寺号額(じごうがく)

本堂安置のご本尊は阿弥陀三尊坐像であり、同じく十六羅漢は本堂内陣の左右の欄間額として掛けられており、最近の本堂大修理にあわせて修復されました。本来は、阿羅漢と言い、略称羅漢と言われ、仏教の信者の施しを受ける価値のある人と言う意味です。
始めは、舎利弗や日蓮等のような悟りを開いた仏弟子に対する尊称でした。これが、中国や日本では十六羅漢や五百羅漢として信仰されています。
また、寺号額は本堂上屋根の庇に上げてあり、宝暦5年(1755)坊城大納言家から寄進されたもので藤原兼望筆です。

宝珠丸(真盛上人幼名)像

宝珠丸(真盛上人幼名)像

真盛上人水鏡木像

真盛上人水鏡木像

観音堂と近鉄事故慰霊碑

観音堂と近鉄事故慰霊碑

<< 景     観  >>

慧命橋の画像

【 慧命橋(えみょうばし) 】
旧国道165号線から真っ赤な欄干が印象的で、春の桜や若葉の時期、秋の紅葉の時期には美しく映えます。

※ 末尾記載の「見どころ」をご覧ください。

山門の画像

【 山  門 】
慧命橋を渡ると正面にそびえる朱塗り立派なもので、山門の両側には「不動明王」と「地蔵菩薩」の石造が祭られています。
中央に掲げる「慧命山」の扁額(0.52m×1.12m)は、京都宇治市にある黄檗山万福寺(おうばくざんまんぷくじ)の第4世高泉禅師の書で、延宝3年(1675)の筆です。

石像不動明王

【 石像不動明王 】(向かって左)
高さ:2.4メートル  幅:0.6メートル
享保20年(1735)の刻銘
地蔵菩薩石像と共に元は境内露地仏であったのを山門再建の時納められたました。

地蔵菩薩石像

【 地蔵菩薩石像 】(向かって右)
高さ:2.5メートル  幅:0.6メートル
左右両側に銘があるが石質が砂岩であるため摩滅が多く、わずかに向かって右側「於当寺仏前為法界衆生造立之  永正十六(1519)己(つちのと)卯(う)年十一月二九日盛訓法師敬白」と判読されるに過ぎません。

釣鐘の画像

【 釣  鐘 】
境内の東裏門横にあり、毎日昼11時30分と夕方5時に時を知らせています。鐘の音も非常にきれいで近隣の子供たちは昔から寺の鐘がなると家に帰るようと親に言われてきたものです。毎年12月31日の大晦日には、住職のお経の後除夜の鐘を大勢の人が突きに来て、108つの煩悩を払っています。

勅使門の画像

【 勅  使  門 】
当寺は、江戸時代になって紀州領に所属していましたが、正徳5年(1715)17世旭運上人の時の本堂復興には、伊勢の全紀州領に募財を呼びかけ完成したもので、紀州藩から特別な扱いを受ける寺院となった。
また、そのつながりから宮中参内が許され坊城大納言家の猶子の住職する寺ということとなり、21世真英上人の時、坊城家の家紋である「三羽雀」の裏紋を寺紋として使用することを許され、本堂のひさしに掲げられている寺号額も下付され、同時に勅使門の建立も認められた。

五輪塔の画像

【 五  輪  塔 】
長年境内の大木の下に埋もれていたものを前住職のお弟子さんが苦労して掘り出された。納骨堂の上の空き地に祭られたもので、一部は木の根っこに絡みついた五輪塔もあり、大勢の方がお参りされています。

鬼瓦

【 鬼    瓦 】
大正10年(1921)本堂重興大棟鬼瓦を平成7年(1995)の大屋根平成大修理の際に保存

成願寺絵図

【 絵    図 】
 

<< 文  化  財  >>

国宝「阿弥陀如来像」
【 阿弥陀如来像 】(俗称)腰掛阿弥陀如来像(木造)
国指定重要文化財
この仏像は、宝物殿に安置されており、典型的な鎌倉仏で高さは41.5㎝で、頭は螺髪、蓮華台に腰をかけた珍しい仏像です。両手は説法相といわれる古い型で中品中生という印相です。
台座の裏面に文明19年(1487)修理の墨書がある。
絹本着色仏涅槃図の画像
【 絹本着色仏涅槃図 】
(けんぽんちゃくしょくぶつねはんず)
国指定重要文化財
京都東福寺の画僧 兆殿司(ちょうでんす)筆
日本3筆の1つで、縦 221cm × 横 175cm

  釈迦が永遠の涅槃に入らんとし、中央台床の上に横臥する紅衣の釈迦像を大きく描き、それを囲むように右の足側に枯れた沙羅樹4本、左の頭側に葉っぱの繁った沙羅樹4本、右上方には急を聞いて駆けつける生母摩耶夫人、中央上方には日輪、釈迦の周囲には、その死を悲しむ佛弟子や在家の信者達が慟哭し、身をよじらせている。下方には、動物たちも悲しみの表情を満面に表している。この涅槃図の伝来は、明らかではないが、成願寺の創建よりも古く天文10年(1541)に続いて宝永3年(1706)にも修理が行われたことが記録されている。

年 間 行 事

【平成25(2013)年度】年間行事予定の「イベントカレンダー」もご覧ください。)

大般若法会
:    1月14日(月)13:00~
釈迦涅槃会
  (しゃかねはんえ)
:    2月15日(金)19:30~念仏講員主催
 
永代千部会
  (せんぶえ)
:    4月13日(土)10:00~
:    4月14日(日)10:00~
成願寺-永代千部会
大般若法会
:    7月21日(日)13:00~
初盆供総回向
  (そうえこう)
:    8月15日(木)  8:00~
 
盆供施餓鬼法要
  (せがきほうよう)
:    8月15日(木)10:00~
 
上ノ村成願寺盆踊り大会
:    8月24日(土)19:00~実行委員会主催
護摩供法要
  (ごまく)
:  11月10日(日)13:00~観音講員
 
十夜法要
  (じゅうや)
:  11月17日(日)13:00~
 
除夜の鐘
:  12月31日(火)23:40~念仏講主催

見 ど こ ろ

春の桜
慧命橋の桜の画像

慧命橋の桜

桜越しの本堂の画像

桜越しの本堂

大村川沿いの桜の画像

大村川沿いの桜

秋の紅葉
紅葉の慧命橋の画像

紅葉の慧命橋

境内の紅葉の画像

境内の紅葉

紅葉と本堂の画像

紅葉と本堂

地  図

住所)三重県津市白山町上ノ村1361



付 属 施 設

駐車場、トイレ、休憩所