JR名松線全線復旧なる!

JR東海 名松線全線復旧

2009(平成21)年10月の台風18号による土砂崩れ等で不通になっていたJR名松線が、2016年3月26日、JR東海のダイヤ改定に合わせ全線復旧しました。
記念すべき伊勢奥津発一番列車で伊勢八知まで乗車、松阪発伊勢奥津行き(直通一番列車)で伊勢八知から伊勢奥津まで乗車してきました。
当日の様子を写真でお伝えします。

復旧一番列車は伊勢奥津発9時35分

一番列車のヘッドマーク

一番列車のヘッドマーク

NHK朝の生中継の様子

NHK朝の生中継の様子

一番列車の乗車券販売

一番列車の乗車券販売

発車10分前には、家城駅からの最後の代行バス5台が到着、多くのお客さんが一番列車に乗り込みました。

一番列車に乗り込む乗客

一番列車に乗り込む乗客

復旧記念式典会場前

復旧記念式典会場前

出発を待つ多くの報道陣

出発を待つ多くの報道陣

出発時の車窓

出発前の一番列車内

出発前の一番列車内

伊勢奥津駅出発

伊勢奥津駅出発

報道陣の前を通過する列車

報道陣の前を通過する列車

車窓風景(伊勢奥津駅 ~ 伊勢八知駅)

復旧を祝う沿線の美杉町民

復旧を祝う沿線の美杉町民

しろもち君もお祝いに

しろもち君もお祝いに

沿線で復旧を祝福する町民

沿線で復旧を祝福する町民

伊勢奥津駅の向かい側では、多くの地域住民の祝福と歓声で一番列車を見送ってくれました。津市のマスコット「シロモチくん」も住民と一緒に祝福してくれました。

比津駅到着、ただいま!

比津駅到着、ただいま!

比津駅付近で手を振る女性

比津駅付近で手を振る女性

伊勢八知駅に到着

伊勢八知駅に到着

列車の車窓からも地元の皆さんが、沿線のあちらこちらで手や小旗をふる姿はある意味、感動的でした。地域の皆さんに愛され必要とされている鉄道であることを実感しました。

伊勢八知駅の風景

一番列車を大勢で見送る

一番列車を大勢で見送る

切符を買う乗客(伊勢八知駅)

切符を買う乗客(伊勢八知駅)

八知駅前で乗客に記念品贈呈

八知駅前で乗客に記念品贈呈

伊勢奥津駅に戻る

松阪からの乗客を歓迎

松阪からの乗客を歓迎

なお、伊勢八知から戻ってくる車内の状況は、松阪からのお客さんの混雑度が東京山手線をはるかに超えていましたので、撮影どころではありませんでした。(笑)

地図

あとがき

津観光ボランテアガイドネット・白山道しるべの会・一志町歴史語り部の会・伊勢本街道美杉会の主催で行われた「JR名松線復旧記念ウォーク」では多くの参加者が名松線に乗車していただきました。一過性の現象に終わることなく、安全・安心の乗り物として観光やまた、地域住民の足として永続できるよう皆様にも、もっともっとご利用いただきたいと願っています。

参考記事
東洋経済 ONLINEの平成28年4月2日の記事ご紹介
JR東海が「不通路線」を復旧した本当の理由
6年半の歳月経名松線が運転再開
是非ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*