常福寺(別所の観音さん)の近況

johukuji-satuki1.jpg

  布引の山並みを背景に、庭園の景観と境内に散見する五輪塔、石仏の数々は、この寺の歴史を物語り、鯉の泳ぐ池と共に今「さつきの花」が満開、「アジサイの花」は漸(ようや)く花をつけ、これから満開を迎えます。
  県道よりの参道には、丁石(ちょういし)と野仏のお姿、珍しい葉幅の広い『クマ笹』の自生が見られます。

 

  弘法大師ゆかりの平安前期の「木造千手観音像」は、国指定重要文化財であり、8月9日(木)には年に一度の『ご開帳』が行われます。
  • 常福寺(別所の観音さん)の詳細は、こちらをご覧ください。
  • 丁石(ちょういし)とは
    目的地までの距離数の道標で、1丁は約109m、36丁で1里(4km)という日本固有の距離単位で示されている。
johukuji-satuki3.jpg

宝篋(ほうきょう)印塔

johukuji-satuki4.jpg

境内のサツキ-2

johukuji-satuki5.jpg

境内のサツキ-3

johukuji-satuki6.jpg

境内のサツキ-4

johukuji-ajisai.jpg

境内のアジサイ

johukuji-kumazasa.jpg

参道のクマ笹

  • 宝篋印塔(ほうきょういんとう)とは
    墓塔・供養塔などに使われる仏塔の一種で、五輪塔とともに石造の遺品が多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*