常福寺「春の会式」 4月17日開催のお知らせ

  常福寺(別所の観音さん)の「春の会式」が4月17日(火)に執り行われます。餅まきもあります。
境内の桜も、今年の寒さに開花が遅れていましたが、みごとに満開になりました。

H24常福寺の桜-1の画像H24常福寺の桜-2の画像H24常福寺の桜-3の画像

  常福寺には平安後期に製作されたとされる千手観音立像(大正5年旧国宝)が安置されています。千手観音像は秘仏で、年1度8月9日に開扉されます。
お寺に伝わる縁起によれば、空海が千手観音像を刻んで草堂に安置したのが常福寺のはじまりとされています。その後、寺運は次第に衰え、16世紀にこの地を支配した北畠氏によって一時は再興されたものの、その後戦国の兵火で焼かれました。
千手観音像は救出されて近くの(じょうがんじ)に移されましたが、江戸時代中期に夢告によって再びこの地に堂宇を建てて像を移坐したといわれています。

常福寺(別所の観音さん)の詳細は、こちらです。


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*