別所の観音さん 「千手観世音菩薩」 ご開帳のお知らせ

夏の会式
  四万八千日会

8月9日(木) 午前10:00~
(千手観世音菩薩像のご開帳)

常福寺-夏の会式の画像

  雨宝山常福寺は、津市白山町八対野別所にあって、俗に『別所の観音さん』と近郊近在の人々に親しまれています。この観音の本願は慈悲であり、千個の目、千本の手の慈悲を備え、多くの人々に手を差し伸ばされ様々な苦悩から救って頂く「現世利益」の仏様と言われています。
  ご本尊の「千手観世音菩薩」は、昔より60年毎に「本開帳」、その中間の30年毎に「中開帳」される秘仏で国の重要文化財に指定されています。
千手観世音菩薩像の画像現在では、年1回 8月9日午前10時より『観音経』の奉読誦(ほうどくじゅ)される功徳日『四万八千日会』に開帳(開扉)されます。
この日に参詣すると、4万8千日参詣したと同じ功徳を頂けると言われています。
  ぜひ、8月9日にはご本尊の拝観と共にお参りをお待ちしています。
なお、お釈迦様の入滅光景を描いた『涅槃図(ねはんず)』も拝観することできます。

※ 常福寺(別所の観音さん)の詳細は、こちらでご覧ください。

  • 奉読誦(ほうどくじゅ)とは
    敬い謹んでお経(経典)・偈文などを称える事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*