常福寺「別所の観音さん」8月9日御開帳

木像千手観音立像

木像千手観音立像

雨宝山 功徳院 常福寺は、津市白山町八対野別所にあって、俗に『別所の観音さん』と近郊近在の人々に親しまれ、ご本尊は「千手観世音苦薩」です。
観音の本願は慈悲で、千個の目、千本の手の慈悲を備えられて、多くの人々に手を差し伸ばされ、様々な苦悩から救って頂く「現世利益」の仏さんです。

昔は60年毎に「本開帳」、30年毎の「中開帳」の秘仏で、大正5年 旧国宝に指定されています。
現在では年1回、功徳日の『四万六千日会』、8月9日午前10時より開帳(開扉)されています。この日にお参りしますと、4万6千日お参りしたと同じの功徳を頂けると言われています。
境内の三十三所観音堂には、西国三十三ヶ所観世音苦薩と、眼病に霊験あらたかな城州 柳谷観音がお祀りされています。
是非 有難い8月9日 ご本尊の拝観と共に、お参りをお待ちしています。

ご本尊の縁起とお姿
縁起によれば、平安初期 弘仁五年(814) 弘法大師が伊勢神官に参篭の砌、不思議な霊告を蒙り給わり、この里に来られて千手観音の尊像を一刀三礼の下、自ら刻まれ、この別所に堂舎を創建奉安せられたと伝えています。
ご本事は像高約57c m 檜材の一木造り、頭頂に十一面を頂き、四十二手(合掌手を除いて1手について、25の世界の衆生を救うので40X25で千手となる)の典型的な千手観世音菩薩立像で、お顔の形は頬豊かに厚い唇、切れ長の大きい日、神秘性を漂わせています。肩幅広く胴体大きく、全体にガッチリしていて安定感があり、しかも優雅きの溢れた立姿です。腰には裙(くん)と言う袴の様なものを巻き、その下部が長く裾をひいています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*