津ふるさと学現地説明会

「第2回津ふるさと学検定の現地説明会(白山地域)」で使用した問題です。
あなたもチャレンジしてみてください。解答は四択です。
正解は、『正解』をクリックすると表示されます。

ふるさと学現地説明会 資料(問題)

1 / 3123

検定問題 【 29 】

白山比咩神社(川口)-社殿

一志町井生と白山町川口の境界に位置する、白山比咩神社の社殿は県文化財に指定されている。この神社は、加賀の白山神社を勧請したものだが、この神社の正しい呼び方は?

①はくさんのひめじんじゃ ②しらさんひめじんじゃ ③はくさんひめじんじゃ ④しらやまひめじんじゃ

正解

【正解】
④しらやまひめじんじゃ

検定問題 【 903 】

津市白山郷土資料館

『白山郷土資料館』は蔵をイメージさせる外観の建物でひときわ目をひく。街道や宿場町をテーマにした展示場には、モニュメント・パネルやビデオを用いて、白山町の歴史・文化・芸能を紹介。1階は市役所倭出張所が併設されている。平成2年に改造され資料館となったが、以前は何に使われた建物か。

①農業倉庫 ②書類保存庫 ③地域の集会所 ④小学校の体育館

正解

【正解】
④小学校の体育館

検定問題 【 904 】

近鉄榊原温泉口駅より徒歩5分、にルーブル彫刻美術館の大きな彫刻(サモトラケの二ケ)が見えます。フランスのルーブル美術館にある、数多くの彫刻作品を本物から直接型を取り作成した、レプリカを展示しています。この美術館の設立に当たっては、ルーブル美術館の技術陣が総動員された事でもまさにルーブルの姉妹館であると言えます。数多くの彫刻作品はいくつか?

①約1,800点 ②約1,300点 ③約2,000点 ④約1,000点

正解

【正解】
②約1,300点

検定問題 【 906 】

珍徳上人像と笈掛岩

白山町周辺には7ヶ所の『白山比咩神社』がある。昔、鎮徳上人が加賀の白山に参籠し、7本の御幣を頂き笈(おい)に入れて岐路についた。途中、家城地区で休憩しようと笈を岩の上に置いた。すると笈の中から7羽の白鷺が現れ飛び去った。白鷺の舞い降りた所にそれぞれ白山神社を創建したという。休憩場所とは?

①鎮徳岩 ②上人ヶ瀬 ③鷺ヶ瀬 ④瀬戸ヶ淵

正解

【正解】
④瀬戸ヶ淵

検定問題 【 909 】

白山比咩神社(川口)-拝殿

白山町から県道久居美杉線を一志町へ抜けるトンネル手前に大きな石造の鳥居が見える。鳥居をくぐり坂道を登った山頂に、白山比咩神社(川口)が鎮座している。奥に見える本殿は昭和31年に三重県有形文化財の指定を受けた。手前、拝殿の正面に大きな紋章が取り付けられている。そこに何と書かれているか?

①正白山 ②一白山 ③白山社 ④河口白山

正解

【正解】
①正白山

検定問題 【 910 】

白山比咩神社(倭)-社殿

白山比咩神社(倭)は、国道165倭1の信号を左折して大発苑事務所を更に左折、鳥居をくぐって坂道を登ると山の上に鎮座している。春日造りの三社殿と銅板葺きの十二社。奥から本殿、八幡須賀社、◯◯社、十二社が並んでいる。◯◯社とは?

①神宮社 ②不動社 ③祖霊社 ④春日社

正解

【正解】
③祖霊社

検定問題 【 911 】

白山比咩神社(倭)-三社殿

白山比咩神社(倭)の三社殿は、三重県指定有形文化財・津市指定文化財の指定を受けている。構造はいずれも一間社、隅木入春日造りで、三つの社殿が並ぶ姿は貴重な歴史的景観と評価されている。屋根は品位の高いひわだ葺きで仕上げているが、使用している材料(屋根材)は何か?

 
①すぎの皮 ②しらかばの皮 ③ひのきの皮 ④くすの皮

正解

【正解】
③ひのきの皮

検定問題 【 913 】

白山比咩神社(倭)-豊栄の舞

白山比咩神社(倭)は、平成18年から3年4ヵ月をかけ修復事業を行った。これを機に、永く途絶えていた雅楽・里神楽を復活した。竣工催事には大勢の人が押し寄せ、報道各社も詰めかけた。この復活は何年ぶりか?

①21年 ②31年 ③41年 ④51年

正解

【正解】
④51年
【解説】
報道各社が一斉に竣工催事と、51年ぶりの雅楽・神楽を写真入で掲載してくれた。
伊勢新聞は、翌年に正月特別紙面で再掲載した。

検定問題 【 917 】

青山高原の東海自然歩道沿いに「布引の滝」があります、夏は水飛沫、秋は紅葉、冬は氷漠と四季折々の装い観ることが出来る県下屈指の名漠。この滝は、3つの滝で構成されています。上から霧生滝、飛龍滝、○○滝といいます。さて、3つ目の滝の名前は?

①華厳滝 ②大日滝 ③赤日滝 ④青山滝

正解

【正解】
②大日滝

検定問題 【 918 】

青山高原-三角点の標識

津市中央部の伊賀との境界に、ほぼ平坦な青山高原がある。国道165号青山トンネルを越えたすぐ、左折すると青山高原ドライブコースに入る。しばらく山を登ると初めての休憩所に『二級三角点』が具えつけられている。標高何mと刻まれているか。

①730m ②756m ③795m ④909m

正解

【正解】
②756m
【解説】
三角点は、地図の作成を始め、様々な測量の基準として使用されるほか、地震予知等にも重要な役割を果たしている。
全国に一等三角点は約1,000箇所、二等三角点は約5,000箇所、三等三角点は約32,000箇所、四等三角点約69,000箇所、五等は沖縄の小島の3箇所のみ。
1 / 3123
最新更新日: 2013年7月12日