ABOUT

hakusan-cho_view_24-6.jpg

<< ご挨拶 >>

   白山町(はくさんちょう)は津市南西の山間部に位置し、青山高原を背景に町の中心部を雲出川(くもずがわ)が縦断し、初瀬街道(はせかいどう)が通る歴史と緑豊かな町です。
   雲出川流域には、先人より伝承されてきた「瀬戸ヶ淵伝説(せとがふちでんせつ)」や、「こぶ湯」等貴重な文化遺産が数多く存在します。また初瀬街道には「垣内宿(かいとじゅく)」、「二本木宿(にほぎじゅく)」が存在し、街道筋には国や県の重要文化財「白山比咩神社(鎮座地:倭)(しらやまひめじんじゃ  ちんざち・やまと)」、「慧命山成願寺(えみょうざん  じょうがんじ)」等が有ります。
   私たち、白山道しるべの会は平成21年、津市役所観光振興課が開催した白山町の歴史を学ぶセミナーを受講、その後賛同した15名が振興課の支援を受け、3ヶ月のボラガイド養成講座で研修を重ね、同年9月「白山道しるべの会」として発足しました。
   現在31名の会員(平成25年10月末現在)が毎月定例会を持ち、白山町の過去の資料を参考に、資料内容を検討し研鑽(けんさん)を重ね知識を深められるよう努力をしています。
   実践活動は、白山公民館講座「わが町再発見」の講師依頼を受け、年間6回の講座を開講しています。また歴史散策ウォーキングを開催される団体からも依頼を頂いています。
   わが町白山町を訪ねられる方々に、白山町の魅力を十二分にご紹介する事と、「来てよかった」と感動して帰って頂ける様な温かいおもてなしが出来るよう会員一人一人が活動に取り組んでいます。
   機会がご座いましたら、是非一度白山町にお越し下さい。お待ち申し上げています。

白山道しるべの会 会長 今井 直毅

<< 会のご紹介 >>

名    称白山道しるべの会  (はくさんみちしるべのかい)
会    長今井  直毅
所在地〒515-2622三重県津市白山町中ノ村158番地
 津市白山郷土資料館2F
ホームページhttp://hakusan-guide.com/
連絡先
  &
ガイド申込先
e-mail:  info@hakusan-guide.com
電話番号:  059-262-7017
FAX:  059-262-5010
  (津市役所白山総合支所  地域振興課)

<< その他 >>

関係部署津市役所白山総合支所  地域振興課
アドバイザー津市役所  商工観光部  観光振興課
加入団体みえ歴史街道構想  津地域推進協議会
「美まし国おこし・三重」三重県地域連携部
おもてなし三重観光  ボランティアガイド連絡協議会
津市観光ボランティアガイド・ネットワーク協議会
風景街道「伊勢街道(初瀬街道)」連絡協議会(奈良県)