第5回JR名松線復旧記念ウォーク実施されました

JR名松線復旧記念ウォーク第5回「伊勢川口駅」

第5回記念ピンバッジ

第5回記念ピンバッジ

2016年1月10日(日)第5回JR名松線復旧記念ウォークが開催されました。朝は少し冷え込みましたが、受付時には絶好の日和となりました。
参加者88名と案内を受け持つ「白山道しるべの会」会員や名松線を元気にする会の方で120名を超える盛況で、新春の田園風景と歴史の散策を満喫していただきました。



ウォーキングコースMAP

ウォーキングコースMAP

第5回伊勢川口駅パンフレット

第5回伊勢川口駅パンフレット

集合・出発スナップ

白山総合庁舎 出発式

白山総合庁舎 出発式

関ノ宮駅に向ってウォーキング

関ノ宮駅に向ってウォーキング

参加者は予定通り9時50分、津市白山総合支所前を出発しました。

河口頓宮跡スナップ

聖武天皇関宮宮跡碑

聖武天皇関宮宮跡碑

大伴家持の万葉歌碑

大伴家持の万葉歌碑

医王寺境内で説明を聞く

医王寺境内で説明を聞く

川口は古代から交通の要衝として知られた地で、天平12年(740)11月2日から聖武天皇が10日間河口の頓宮に滞在されたと、続日本書紀に記述があります。医王寺の木立の中に「聖武天皇関宮宮阯」の石碑と、大伴家持の万葉歌碑が建っています。

河口の 野辺にいほりて 夜の更(ふ)れば
妹(いも)が袂(たもと)し 思ほゆるかも   巻6-1029 大伴家持

医王山東光寺スナップ

名松線に沿って東光寺へ

名松線に沿って東光寺へ

東光寺境内での説明

東光寺境内での説明

東光寺傍らに祀られる山ノ神

東光寺傍らに祀られる山ノ神

医王山東光寺は、「野田の薬師さん」と呼ばれ信仰が厚く、本尊の薬師如来像は室町以前の作と伝えられ、17年ごとに開帳が行われています。
次回の開帳は平成29年4月に34年に一度の本開帳が行われます。

廃高田寺スナップ

名松線を眺め廃高田寺へ

名松線を眺め廃高田寺へ

廃高田寺の本尊

廃高田寺の本尊

廃高田寺本堂で説明を聞く

廃高田寺本堂で説明を聞く

本尊薬師如来坐像は県指定文化財、向かって左の小さい仏像が、国指定重要文化財「木造 十一面観音立像」で、瀬古地区の皆さんが大切にお守りされ、毎年1月と8月の17日の夜ご開帳し、お供えを上げ四国三十三ケ所のご詠歌を唱えてお祀されています。

川口公民館でお昼休憩

川口公民館でお昼休憩

廃高田寺近くにある津市川口公民館でお昼の休憩を取りました。

善性寺スナップ

善性寺山門前

善性寺山門前

「寛政の一揆」で処刑された森宋左衛門の墓碑が境内にあります。寛政の一揆は、寛政8年12月に起こった津藩最大の一揆で、白山町や榊原の農民をはじめ安濃、安芸の農民3万人が津城下に押しかけた一揆です。

宝蔵寺スナップ

宝蔵寺へ向う道中  後方の山は白山比咩神社(川口)

宝蔵寺へ向う道中  後方の山は白山比咩神社(川口)

宝蔵寺

宝蔵寺

宝蔵寺で暫し休憩

宝蔵寺で暫し休憩

本尊は観音菩薩立像、本尊右側には、薬師如来像が安置されています。初午寺として毎年、初午例祭が小野連合区により執り行われています。境内には「藤原千方の胴塚(石塔)」があります。

帰路スナップ

伊勢川口駅へ列車到着

伊勢川口駅へ列車到着

列車に乗り込む参加者

列車に乗り込む参加者

名松線伊勢川口駅発14:46発で「関の宮駅」まで乗車、白山総合支所に無事戻り、暖かいお茶やぜんざいのふるまいで喜んでいただきました。

お茶やぜんざいの振る舞い

お茶やぜんざいの振る舞い

おみやげ・地場産品販売

おみやげ・地場産品販売

また、おみやげと地場産品販売コーナーが設けられ、地元の特産品などを多くの参加者が買い求めていました。

「白山道しるべの会」がご案内する今後の予定
meishosen-memorial-walk
  1. 1月24日(日)第6回「関宮駅」~「家城駅」
  2. 2月7日(日)第7回「家城駅」~「竹原駅」
  • 多くの方のご参加をお待ちしております。
  • 詳細は、下記パンフレットをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*